グーグルの便利な検索コマンド一覧!アフィリエイトは検索力が大事!

こんにちは!

村田です。

今日は、知っておくと便利なGoogleの検索コマンドをご紹介します。

アフィリエイトに限らずネットビジネスで戦うには、欲しい情報を効率よく入手することがかなり大事です。

今回ご紹介する検索コマンドを使いこなせば、必要ない情報を排除して欲しい情報だけを取り入れることができるのでかなり便利です!

時間短縮にもなりますし、大幅な作業効率アップにもつながるので是非使いこなしてくださいね^^

次の項目から早速ご紹介していきます。

【OR】⇒どちらかのキーワードを含むページを検索

 
 

複数のキーワードを検索する際に、1つ1つ検索するのが面倒なときに使えます。

【OR】を検索したいキーワードとキーワードの間に挟んで検索すると、どちらか片方のみ含む記事やコンテンツをヒットさせることが出来ます。

【-】⇒任意のキーワードを除外

 

表示させたくないキーワードの前に半角の【-(マイナス)】を付けると、そのキーワードを含んだ記事やコンテンツが表示されなくなります。

たとえば有料教材を探す際に、詐欺稼げないなどネガティブなサジェストキーワードを含むサイトばかりが表示されてポジティブな情報を効率よく取得したいときなど幅広く使える検索コマンドです。

【*】⇒あいまいなキーワードのパターンを検索

通称ワイルドカードと呼ばれるコマンドです。

うろ覚えのキーワードがあったときに、あいまいな部分にこの【*】を入れるとその部分に当てはまりそうなサイトを表示してくれます。

『あれ?アフィリエーコだったっけ?アフィルメイドだったっけ?』などキーワードの正式名称が分からないときは、

分かっている部分だけ入力し分からない部分は【*】で埋めて検索しましょう。

【”】⇒完全一致検索

 
 

検索したいキーワードを【”(ダブルクオーテーション)】で囲んで検索すれば、完全一致での検索になります。

グーグルの検索エンジンの性能は近年かなり上がっていて、打ち間違いや変なキーワードがあった場合、

本来英語表記なのにひらがなで打った場合でも、検索ユーザーの意図を汲み取って候補の記事やサイトを表示してくれます。

しかし、たまに【いやグーグルさん、勝手なことしないでw】ってなるときもありますよねw

そういうときに使える検索コマンドとなってます。

【site:】⇒サイト内のページを検索

 
 

お次は、サイト内検索をしたいときに便利なコマンドです。

 
 

『site:URL キーワード』でと入力することで、そのURLのサイトの中で任意のキーワードを含む記事のみを抜粋表示させることが可能です。

今回の例で言うと、僕のサイトである『https://ppc-seohybrid.net』の中でアドセンスに関する記事だけを抜粋表示させたいという場面でこのコマンドを使うと、アドセンスというキーワードを含む記事のみを表示してくれます。

(インデックスされてるサイトのみ)

サイトによっては、サイト内に検索ボックスが設置されていないことがあって不便に思うことがありますが、

このコマンドで解決します!

 

【cache:】⇒直近のキャッシュを表示

【cache:】のあとにURLと一緒に検索すると、グーグルのサーバーに残っている記事を表示してくれます。

 

使いどころとしては、削除されてしまった記事やサーバーが落ちて閲覧できなくなってしまったサイトを表示させたいときなどですね。

 
削除されてしまった記事は、すぐには消えずにキャッシュと呼ばれるデータでしばらくの間保存されています。

削除されてしまった記事は、すぐには消えずにキャッシュと呼ばれるデータでしばらくの間保存されています。

 

そのキャッシュデータを呼び出すコマンドですね。

 

【intitle:】⇒サイトタイトルを検索

 

【intitle:キーワード】で検索すると、そのキーワードをタイトルに含む記事を抜粋表示できます。

タイトルに含まれていなくてディスクリプションにのみ含まれているという場合には表示されませんのでライバルチェックに役立つコマンドです。

【allintitle:】⇒複数のキーワードをすべて含むサイトタイトルを検索

 
先ほどご紹介した【intitle:】は単体のキーワードだったのに対し、こちらの【allintitle:】は複合キーワードもすべてタイトルに含まれる記事のみを表示してくれます。
 

こちらもディスクリプションや記事内キーワードには関与しませんので、狙っている複合キーワードを付けているライバルの記事はどれくらいあるのか?どんなタイトルを付けているか?などを調べたいときに便利です。

 

私がもっともライバルチェックで使用しているコマンドなので、使いこなせればかなり便利です!

 

【inanchor:】⇒アンカーテキストを検索

 

【inanchor:】はアンカーテキストという任意のキーワードでリンクが貼られている記事を検索できます。

たとえば『inanchor:PPCアフィリエイト』と検索すると、どんなサイトから「PPCアフィリエイト」にリンクを飛ばしているのかが分かります。

主に被リンクチェックなどで使用するコマンドですね。

【inurl:】⇒URL検索

 

【inurl:】は任意のキーワードを含むURLを検索したいときに使用するコマンドです。

私はドメイン取得をするときなどにライバルがどのようなドメインでどのような記事を詰めていっているのかを調べるとこなどに使っています。

今はSEO上で有利ではないのであまり使いませんが、昔は日本語ドメインという日本語のURLを取得するときにこちらのコマンドで検索をしてライバルのドメインをチェックするということをしてました。

検索コマンドまとめ

いかがでしたでしょうか?

数が多いのでまとめますと、

【OR】⇒どちらかのキーワードを含むページを検索

 

【-】⇒任意のキーワードを除外

 

【*】⇒あいまいなキーワードのパターンを検索

 

【”】⇒完全一致検索

 

【site:】⇒サイト内のページを検索

 

【cache:】⇒直近のキャッシュを表示

 

【intitle:】⇒サイトタイトルを検索

 

【allintitle:】⇒複数のキーワードをすべて含むサイトタイトルを検索

 

【inanchor:】⇒アンカーテキストを検索

 

【inurl:】⇒URL検索

ほかにもグーグルでは多くの検索コマンドが存在するのですが、

主にアフィリエイトで使えるコマンドを抜粋してご紹介しました!

これらを使いこなして検索の精度を高めて作業効率を上げていきましょう♪

それでは今日はここまで!

最後までお読み頂きまして本当にありがとうございました^^

☆管理人イチオシ商材ランキング★

私、村田が300万円以上の教材費をかけて学んできた教材の中で自信を持っておすすめできる商材だけをピックアップしました!

アフィリエイトマスター講座(AMC)
アフィリエイトマスター講座(AMC)

SEOアフィリエイトで月収30万円を目指すならこの教材一択!


僕がSEOアフィリエイトで月収30万円以上稼げたきっかけになった塾です。色々な高額塾に入ってきましたがここが一番です!


アンリミテッドアフィリエイトNEO
アンリミテッドアフィリエイトNEO

情報商材アフィリエイトで稼ぐためのすべてが詰まった決定版!


数千円~数万円の高額報酬案件を紹介するための極意がここに!高単価のアフィリエイトにチャレンジしたい方には超オススメです♪


グーグル広告対応
まねきねこPPC
まねきねこPPC

PPCアフィリエイトを諦めきれない貴方に朗報があります。


ヤフープロモーションがアフィリエイト禁止!もうPPCでは稼ぐことはできないのか・・・。大丈夫、Google広告があります!






▼ツイッターのフォローもお願いします!

カテゴリ:雑談  [コメント:0]

comment closed

管理人プロフィール

管理人:村田

文系Fラン大学を卒業し、社会のド底辺で悶々とした日々を送っていたある日、起死回生を賭けて手を出したのがPPCアフィリエイトでした。

3ヶ月で月収10万円を達成し、その後SEOアフィリエイトにも本格的に参入。

安定して月収10万円を達成するためのノウハウや私の実践記、気付きやおすすめの情報商材などを紹介して参ります。

管理人プロフィールの詳細はコチラ

Twitterのフォローをお願いします!

Twitter_ID:@crossgateway

本気でSEOで稼ぎたい方は必見!

私がSEOアフィリで半年で月収30万円を達成した最強の教材です。

アフィリエイトの基礎を完全網羅

稼ぐアフィリエイトサイトを作成するためのノウハウが完全網羅された教材です。


最新のGoogle広告の規約に対応したPPCテンプレート

豪華特典付き! 最新のグーグル広告の規約に対応したPPCテンプレート爆誕!

⇒まねきねこPPCレビューはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ

次の記事
error: Content is protected !!